怖い話

オウマガトキFILMやらせ?事故物件動画が怖すぎてヤバい?  

スポンサーリンク

「逢魔が時(おうまがとき)」という日本語を知っていますか?

かつての浮世絵師、鳥山石燕氏が多くの妖怪画を残していますが、彼の妖怪画集「画図百鬼夜行」は高い評価を獲得し、「今昔画図続百鬼」「今昔百鬼拾遺」「百器徒然袋」を世に残しました。

あの有名な水木しげる氏も鳥山石燕氏に影響を受けていたとのことです。

我々日本人の想像する妖怪の姿は、鳥山石燕氏の描いた作品によって象られていると言っても過言ではないでしょう。

そんな彼が残した「今昔画図続百鬼」の中に、「逢魔時」という作品があります。

「逢魔時」とは「逢う魔が時」ともいい、現在で言うと夕方18時頃の時間帯のことを示します。

字の如く「魔物に逢う時刻」という意味を持っています。

魑魅魍魎が力を発揮するとされる怖い時間帯として、この言葉は古くから日本に残されています。

この由緒ある言葉を、Youtubeの番組名として掲げているホラーエンタテインメントチャンネル「オウマガトキFILM」

番組名に倣うように、目をつぶりたくなる怪異と恐怖を視聴者にとどけているチャンネルです。

ヒロさん、トモさんの二人が企画を考えているそうなのですが、このチャンネルの中でも最強に怖い動画があります。

「史上最強の事故物件で1週間住込みチャレンジ」

前編・後編とある動画ですが、タイトル通り最恐です・・・

あまりの悍ましさに「やらせ?」と疑いたくなるのも無理はありません。

やらせ?というコメントも非常に多いのですが、そんな疑問が出るほどの精巧さなのです。

今回はオウマガトキFILMやらせ?事故物件動画が怖すぎてヤバい?をお届けしていきたいと思います。

 

オウマガトキFILMやらせ?事故物件動画が怖すぎてヤバい?

「オウマガトキFILM」の売りはホラーエンターテインメントなのです。

彼ら自身「幽霊に会いたい!」という思いがあるようですが、視聴者に対しては本物の霊の姿を見せる!というものも含まれて這いながらも、ホラーを通じて楽しんでもらうことが前提のチャンネルですので、仮にやらせだったとしても彼らが投稿者として真剣に取り組んでいることは否定できないような気がします。

もしかすると、作られたものかもしれませんが・・・やらせではないか?という疑いを持って動画を観てしまうと、何事も面白くありませんよね。

恐怖を楽しもう!という気持ちで、考えすぎず観ることがお勧めです。

オウマガトキFilmヤバいくらいに心霊現象が毎回起きるって本当?やらせじゃないの?

 

オウマガトキFILMとは?

「オウマガトキFilm」とは、ホラーエンターテインメント番組と称し、心霊スポットやいわくつきのスポットに潜入、検証をする番組となっております。

登録者数14万人を超える「オウマガトキFilm」ですが、彼らは心霊スポット探索や肝試しを推奨している番組ではないと意思表明をしており、この記述から真剣に番組制作に取り組んでいることがうかがえます。

怖がることが目的ではなく、噂や恐怖の真相を追求し解明することに焦点を当てているのです。

メンバーはパーソナリティのヒロさん、トモさんと、カメラマンのTさんの三人で構成されているようですね。

クラシカルな音楽をBGMに、落ち着いた雰囲気の番組になっており、彼らが大声を出したり、ふざけたりする様子は一切ありません。

愛知県のスポットがよく出てくることから、彼らは東海地方を中心に活動していることが確認できます。

視聴者さんからのリクエストも受け付けており、他県のスポットなどにも調査に行っている映像もあるので、これから活動範囲を拡大して全国区のスポットを訪れること間違いなしです。

彼らは動画の恐怖度を「甘口・中辛・辛口・激辛・超激辛」の5段階評価をしています。

しかしながら、視聴者が「激辛」だと思うものも「甘口」だったり「中辛」だったりの評価なので、「怖いの苦手だけど興味があるから、甘口だったら観てみよう!」と思い、視聴してしまうと夜に眠れなくなってしまうかも・・・

まだまだ恐怖を探求したいという強い信念が伺えますね。

オウマガトキFilmサブチャンネル」も開設しているようですよ。

こちらでは後日談や、怖いCM特集などを行っていますので気になる方はぜひ!

 

心霊現象が毎回起きるのはやらせなの?

投稿されている動画のほとんどに、彼ら以外の声や姿を確認できることから、「やらせ」「仕込み」などのコメントは少なからずあります。

毎回のようにしっかり撮れてしまうのが、やらせと言われる原因なのでしょうか・・・

いいえ、「やらせ?」というコメントが多いのは、やらせだと信じたいほど怖い映像だからなのだと私は思いたいです!

何気ない日常生活を撮影したものに幽霊が紛れ込んでいたりする映像は良く見かけますが、「幽霊映してやるぞー!」と意気込んでカメラを回してみても何も映っていなかった・・・というのがよくあるオチだと思います。

そんな観念から考えると、毎回のように怪異や幽霊が映るのはどうなのか?という疑問を抱くことも当たり前のことだと思います。

やらせであると思い込んで、実際に「オウマガトキFILM」のチャンネルに投稿された動画を全て拝見しましたが、もし仮にあの全てがやらせだったとしたならば、技術の高さには驚くばかりです・・・

しっかりと考えられた構成に関しては、ドラマチックな驚く展開が逆に「やらせ」と言われてしまう原因なのかもしれません。

しかしながら、メンバーの真剣な姿勢から、霊も縋ってきているのかもしれませんし、もしかすると彼らには幽体を引き寄せる何かがあるのではないかと信じたいです。

 

事故物件動画が怖すぎてヤバい?

5段階評価の中では「激辛」の称号を得た「史上最強の事故物件で1週間住込みチャレンジ」。

前編、後編に分かれている動画なのですが、こちらがヤバいと噂されています。

一体この動画の何がヤバいのでしょうか・・・

まずは、なぜこの物件が「事故物件」と言われているのか。

家主さんのお話を元に、その背景に目を向けてみましょう。

ー概要ー

親子3人で暮らしている家族が入居していた。

しかし主人がうつ病を発症。

そんなある日、うつ病が原因で発狂し、主人は妻子を殺害してしまった。

 

こういった背景があり、この部屋で二名が亡くなられたということで、事故物件として認定されています。

しかしこの物件は、入居者が1週間たたずに転居してしまうと言うのです。

家主さんの希望で、検証の依頼を受けた「オウマガトキFILM」は首を縦に振り、1週間住み込みチャレンジに踏み込むのでした。

カメラに映すことのできない場所もあるため、今回は「襖が閉じない和室」にカメラを設置することになるのですが・・・

日に日にヤバさが増していく部屋で、どのような怪異が記録されたのか。

※この先、細かい概要やネタバレを含みます。

これから観ようと思われている方は、動画を確認後に再度足を運んでいただければと思います。

 

事故物件動画前編

引用:https://youtu.be/4Xwxz9sB_Jo 

「史上最強の事故物件で1週間住込みチャレンジ」では、初日から4日目までの映像を観ることができます。

「オウマガトキFILM」パーソナリティのトモさんがこの部屋で寝泊まりをすることになりました。

ルール

  • 7日目の夜を越え、8目目の朝を迎えること
  • PM22:00には帰宅すること
  • 入室時に玄関でスマホの電源を切り、電話、インターネットは禁止
  • 寝る前に塩水を飲むこと
  • 塩水を飲んで「アブラオンケンソワカ」と唱えること

内部はリフォームが施されていて綺麗な部屋だという印象でしたが、気になるのは和室の閉じない襖。

この襖ですが、約15センチほど開いているのです。

これ以上閉めることができないのが不思議な点ですよね。

 

ー住み込み 初日・2日目ー

はじめの2日間は特に変わった様子もなく朝を迎えてしまいました。

 

ー住み込み 3日目ー

早速、異変が起こります。

異変に気が付き、トモさんはカメラを片手にお風呂場へ向かいます。

「窓に人影が浮かんでいる?!」

緑色に照らされた窓の外。

そこには明らかにそこに誰かがいるかのような頭部の影があります!

確認をしに窓の外であるベランダに確認に行くのですが、そこには誰もいないのです。

再びお風呂場へ戻るのですが、まだ影はそこに・・・

今度はふわりと左右に揺れているように映っていました。

 

ー住み込み 4日目ー

この日、前日の影が現れることはありませんでした。

しかし、トモさんは何かに反応するように夜中の2時に目を覚まします。

再び眠ろうと横になり、10分後・・・

押入れが気になるトモさんはカメラを手に取り、押し入れの中をライトで照らします。

物音がして、押し入れを覗いたとのこと。

そこで、押し入れの中に貼ってあるお札を見つけます。

「気持ち悪い」といいながら、トモさんはそのお札をはがしてしまうのです・・・

前編はここで終了です。

住み込み開始の2日間は特に何事もなく夜が明けるのですが、やはり開いた押入れが気になってしまいます。

物理的な出来事もありましたが、お札を剥がしてしまうというとんでもない行動を見せられてしまいました・・・

そして、4日目の夜はトモさんが夢をみたことを話してます。

山道を独りで歩いていると、後ろから足音が聞こえ、振り向くと女性が遠くで手を振っているというもの。

恐怖を抱くことはなかったが、関わってはいけないと感じたとのこと。

ここで補足なのですが、大家さんの話にはまだ続きがあります。

ー概要の補足ー

事件のあった日、隣人が物音で異変に気付き、警察に通報。

警察がかけつけたときには、犯人であろう主人の姿はなく、現在も行方不明のまま。

そして妻子の遺体は押し入れの中から発見された・・・

この物語を読み解くと、なぜ押入れが閉まらないのか、なぜ押入れにお札が貼ってあったのか、その意味が理解できるような気がしますよね。

あのお札何!?めちゃくちゃ怖いんだけど…。

 

事故物件動画後編

引用:https://youtu.be/s5bnLKcakls 

「史上最強の事故物件で1週間住込みチャレンジ」も残すところあと3日。

いよいよ後半戦なのですが、ここでトモさんの体調や精神面にも異変が起こります。

 

ー住み込み 5日目ー

既に様々な怪異を経験したトモさんですが、寝不足が続き辛い状況ではあるものの、何故か居心地の良さを感じているとのこと。

トモさんの顔色や声からは、全くそんな風には見えないのですが・・・

 

ー住み込み6日目ー

就寝前に塩水を飲もうとしていた時、様子が変わります。

カメラに近付いて、見せた紙コップの中に髪の毛が入っていたのです!

それは自分の物ではないと断言するトモさん。

トモさんは気味が悪いため、塩水を飲むのをやめてしまいます。

その夜、寝付けない様子のトモさん。

理由は足音や女性が話をする声が聞こえて、眠れそうもないのだということでした。

 

そして・・・最終日。

一睡もできなかったトモさんの疲労は蓄積されています。

開いた押入れから視線を感じているとのこと。

残りあと一晩ですが、とても過ごせそうもないと弱音を吐いてしまいました。

その夜、トモさんはヒロさんと会い、いよいよリタイヤを切り出したのです。

精神状態も良くない様子は見て伺えます。

ヒロさんは、1週間住み続けられた人がいないという部屋に6日間も滞在しているトモさんの体調を考慮し、「検証中止」を決めます。

やはり、二人の方が亡くなられた部屋での6日間の生活がどれほど大変なことなのかは、経験者でないとわかりません。

トモさんの疲れは誰が見てもわかるほどでしたので、ヒロさんも心配している様子でした。

しかし、二人が別れた後にヒロさんの携帯にトモさんからメッセージが届きます。

再度考え、検証を続けようと意気込んだトモさん。

一体何があったのでしょうか?

中止しても誰も責めないと優しい返信をするヒロさんでしたが、それでもトモさんは最後までやり遂げると言うので、何かあったら即中断することを条件に、事故物件で最終日の夜を迎えることになりました。

特に変わった様子はなく、目を覚ましたトモさんは清々しい朝の挨拶と共に、検証の終わりを喜んで迎えたのです。

 

不気味な映像が映っていた!?

動画のデータを預かり、内容を確認していたヒロさんが最終日の不気味な映像に気が付きます。

状況を確認するためトモさんと会い、最終日の夜について話を聞くことになるのですが、トモさんは「ぐっすり眠れた」「何もなかったと思う」と話すだけ。

腑に落ちないヒロさんも、そう言うならそうなのだろうという様子。

何があったのかは映像を観れば確実です・・・

ここからは最終日に記録された映像の概要を説明していきます。

 

ー理解不能な映像ー

深夜2時頃、寝ていたはずのトモさんが起き上がり、三脚からカメラを外して、押し入れに寄りかかるように座った自撮り映像が記録されているものでした。

押し入れにもたれかかって、しばらくするとトモさんの表情に異変が起き始めます。

笑ったり泣いたり、情緒が安定しない様子です。

そして突然、映像と音声が乱れ始め・・・

ここから、恐怖が再熱します。

開いた押し入れから少しずつ、小刻みに、現れる何者かの顔。

その顔は女性の雰囲気を醸し出していました。

映像が切り替わると、横になったトモさんがぐっすり眠る様子が映し出されていたというもの。

まさかの急展開でゾクっとする最後でしたが、この部屋に住むことのできない理由も理解できた気がしますよね。

トモさん明らかに様子がおかしかったよね…。あれがやらせだったら、物凄い演技力だよね…やらせとは思えない!!

 

ー就寝前に唱えていた言葉についてー

呪文

おそらく「阿毘羅吽欠蘇婆訶(あびらうんけん‐そわか)」というサンスクリット語であり、仏教用語かと思われます。

「全てのことを達成する」ための呪文であるとのこと。

「阿毘羅吽欠蘇婆訶」の意味を知り、リタイアを伝えたものの、やはり最後までやり通したトモさんの行動について考えさせられました。

その言霊に乗って、トモさんにも信念が満ちていたのかもしれませんね。

「オウマガトキFILM」が導き出した見解も、理屈が通り納得のいくものでしたが、視聴者によっても様々な見解が予想されますよね。

私の見解は、主人に殺害されたことが信じられず、あの日を永遠と繰り返しているのではないかと思ったり、母親の霊がお札のせいで押し入れから出られなくなってしまっているのではないかと考えました。

お札とは結界を作って悪いものを弾く効果のあるものも、逆を言うとそこから出られなくなってしまう封印の意味にもなってしまいますよね。

新しいお札ではなかったように見えたので効果は既に切れていた可能性が高いですが・・・

 

まとめ

今回はオウマガトキFILMやらせ?事故物件動画が怖すぎてヤバい? をお届けしてきました!

思い切りネタバレしていますが・・・

しかし、ホラーチャンネルの面白さはこれからなのです!

「怖くてコメント欄に逃げた」なんてこともよく聞きますが、ホラーチャンネルでコメント欄に逃げてしまうと、更に深入りしてしまうことにもなってしまうので要注意です。

その理由は動画公開後、視聴者によって知らされる怪異が多くコメントされているからです。

「声が聞こえる!」とか「誰かいた!」とか、多くの私的コメントが見受けられます。

霊感は人によって力が違うので、指摘されても見えない人もいるようですが、更に怖さを体験したい人は、コメント欄も要チェックですね。

もしかするとまだ誰も気が付いていない怪異を見つけることができるかもしれません。

夢の中に出てきた女性が母親の霊で、あの時トモさんを媒体にすることに成功し、最後にようやく押し入れから出ることが出来たのだとしたら・・・

トモさん、大丈夫でしょうか?!

もちろんお祓いに行っているかと思いますが、私は事故物件の霊が早く救われることをただ、願いたいです。

事故物件に7日も滞在するなんて、普通であれば怖くて眠ることすらできないと思いますが・・・ホラーエンターテインメントを謳っている彼らの本気を見せつけられました。

それは視聴者にもしっかり届いており、人気を得ていることもよくわかりますね!

これからの「オウマガトキFilm」にも注目です!

スポンサーリンク